検索
  • 竹嶋 修一郎

守口市議会9月定例会終了


10月6日、守口市議会9月定例会の最終日。議会運営委員会の後、本会議が開催されました。9月定例会に上程されました案件の内、一般職の任期付職員の採用等に関する条例案のみ、継続審議となりましたが、案件は可決されました。その後、7人の議員より一般質問があり、9月定例会は終了致しました。

この継続審議が決まった条例案ですが、総務市民委員会の時にも書きましたが、任期付職員といわれる、専門的知識経験を有するものや、一定の期間内に終了することが見込まれる、一定の期間内に限り業務量の増加が見込まれる業務について、一定の期間の任期を決めて職員を採用しようとするもの。

これは、大阪府下43の市町村の内、31の市町村が既に導入されている、平成14年に出来た国の法律の規定に準じたものです。今回は、公立の幼稚園、保育所の教員及び保育士の採用の為の法整備、という事ですが、これからは、この条例は、他の案件についても必要となって参ります。現に、他の市町村では、様々な部の採用に使わている。またバイトでは不十分な雇用条件も、この条例では手厚く出来ます。

しかし、反対している議員の方々は、守口市の公立の幼稚園、保育所の配置についての答申が出るまでは、この法整備を許さないとの事でした。

法整備しても、この制度を本格活用するには、当然時間がかかります。公立の幼稚園、保育所がどうなろうと、法整備は必要なのです。反対される方の理由が良く分かりませんが、議会では、数が多いものが強いのです。本当に市民の事を考えると、早期の法整備を選ぶべきではないのでしょうか。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

福祉教育委員会

本日6月18日は、福祉教育委員会が開催されました。付託された議案は、「議案第36号学習者用コンピューター機器等購入契約の締結について」と「令和2年度守口市一般会計補正予算中、第3款民生費と第8款教育費に関する部分」について審査されました。私は委員ではありませんので傍聴です。 議案第36号学習者用コンピューター機器等購入契約の締結については何の意見もなく満場一致で可決すべきものと決しました。 また補

令和2年6月定例会開会

6月16日に守口市議会6月定例会が開会致しました。即決された議案については以下の議案・議決結果一覧表をご参照ください。なお大阪維新の会守口市議会議員団から出されました決議案は賛成少数で否決されました。 その他新型コロナウイルス感染症対策関連の補正予算や議案が多数出ております。6月18日から始まります各委員会で付託された議案についてはしっかりと審議し、可決すべきもの、否決すべきものと判断され、最終日

令和2年2月定例会最終日

3つの常任委員会での議案及び予算の審査を終えて、以下の通り令和2年2月定例会は閉会となりました。なお審議の結果は以下の通りです。 議員提出議案第1号守口市議会会議規則の一部を改正する規則案 (PDF:82KB) 満場一致  可決 議員提出議案第2号守口市議会委員会条例の一部を改正する条例案 (PDF:88.7KB) 満場一致  可決 議案第1号市道路線の認定について (PDF:95KB) 満場一致

E-mail:takeshima.shuichiro@outlook.jp

©takeshima shuichiro 2015